体の健康を守るため、体に良い生活を心がけよう。

美容効果を高めるために知っておきたいこと

がんを治療する

現在の取り組みやトレンド

現在、がん治療において注目されている代替療法の一つにフコイダン療法があります。 フコイダンとは海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のことですが、フコイダンにはがん細胞だけを攻撃するアポトーシス作用があることがわかっています。 がん治療においては手術以外の治療法として、化学療法や放射線療法が高い効果を発揮しますが、これらの治療はがん細胞だけではなく健康な細胞にも作用してしまうので、人によっては激しい副作用が伴うことは良く知られていることです。 しかし、フコイダンは天然成分なので副作用の心配も少なく、医療機関においては、化学療法や放射線療法と併用してフコイダン療法を行うことで、副作用を和らげたり免疫力を高める効果があるとされています。

フコイダン療法を行う方法

フコイダン療法は代替療法との位置づけのため、がん治療を行う医療機関すべてで行っているわけではありません。 医療機関でフコイダン療法を取り入れたい場合は、対応している医療機関を調べて医師に相談することが必要になります。 また、代替療法の場合は健康保険の適用外となるので、費用についても事前に確認することが大事になりますが、医療機関でフコイダン療法を行った場合は、高額医療費控除の対象となります。 近年はフコイダンを研究している会社が数多くあり、サプリメントなども数多く販売されています。 サプリメントを販売している会社によって使用されている海藻類は異なりますが、沖縄産やトンガ産のもずくは特にフコイダンの含有量が多いと言われています。